テレクラを楽しむなら、テレクラを知る事から始めましょう

テレクラという言葉を、恐らく多くの人は、意味は分からなくても、耳にはしたことあると思います。

そもそも、テレクラというのは、一体何なのでしょうか?もしテレクラに少しでも興味がある人は、まずはテレクラのことを知ることから始めましょう。

テレクラというのは、テレホンクラブの略で、1985年頃から、人々の間に浸透してきました。

テレクラを運営しているお店に行き、そこで女性と電話をすることができるのです。

完全個室の状態で、女性と電話で会話をするため、普通の会話だけでなく、エッチな会話をすることも可能ですし、女性と電話で会話をしながら、オナニーをすることも可能なのです。

では、どうすれば女性から電話がかかってくるのか。

女性は、雑誌の広告であったり、街頭で配られているティッシュの広告を見て、テレクラを運営しているお店の電話番号を知ります。

そして、興味を持ったらら、そのお店に電話をかけて、待機している男性に電話を繋いでもらい、電話でのエッチを楽しむわけです。

最も、女性は一切料金がかからないとは言え、そう滅多には、一般の女性から電話がかかってくることはありませんでした。

なので、テレクラを運営しているお店のほとんどは、女性を雇って、一般女性のフリをしてもらい、男性と電話エッチをしてもらうのです。

そして、男性との通話時間に応じて、女性に報酬を与えるのです。

ただ、風俗に比べると、給料はそこまで高くはないので、ほとんどの女性が、空き時間を利用して働くのです。

90年代の後半ぐらいまでは、テレクラもそれなりに繁盛していました。

電話を通じて女性とエッチができる、今までにない斬新なシステムに、多くの人が興味を示したのです。

しかし、2000年代に入ったから、テレクラは急速に衰退しました。

その理由は、何と言ってもネットの普及です。

ネットが普及したことで、出会い系サイトであったり、あるいはテレクラサイトなどが次々と登場してきたので、わざわざテレクラに通わずとも、ネットを利用して電話エッチができるようになったのです。

もちろん、今でもテレクラを運営しているお店はありますが、やはりほとんどの人が、ネットを使って、電話エッチを楽しんでいます。

なので、これからテレクラを利用したいと思っている人は、もちろんテレクラを運営しているお店に行ってもいいのですが、個人的には、ネット上にあるテレクラサイトなどを利用して、女性との電話による会話を、楽しむのがいいかと思います。